日本人のバストは柔らかく感触がふわっとしているけれど、垂れやすい

日本人と欧米人とのバストの違い

バストというのは、9割が皮下脂肪(乳腺脂肪体)、残り1割が乳腺によって作られています。乳腺の大きさが大きい人ほど、豊かなバストを持つということになるわけです。
しかしバストは、その形や柔らかさによって、さらに2つのタイプに分けることができます。この2つとは、乳腺質バスト脂肪質バストです。

 

乳腺質バストというのは、乳腺がたくさん詰まっているバストのことです。固めの感触で、バストも大きく、垂れにくいバストとなっています。
欧米の女性にはこのタイプのバストが多いと言われています。バストが豊かな上に、垂れてしまいにくいというのが、なんともうらやましい限りですね。

 

脂肪質バストというのは、乳腺が少なめで、皮下脂肪のほうが多いタイプのバストです。感触はふわっと柔らかめですが、年齢と共に垂れやすくなります。
日本人やアジア人は、こちらのタイプのバストが多いとされています。

 

このようにバストの質でも分かるように、アジア系の女性や日本人というのは、欧米人と比べると乳腺が少ない傾向にあるようです。バストの大きさというのは、基本的には乳腺の数で決まりますから、映画で見るような欧米女性のようなハリのある深い谷間のバストというのは、日本女性はなかなか追いつけないということですね…。

 

脂肪質バストは柔らかいがゆえに、垂れやすいという注意点がありますが、生まれつきだからということで諦めてしまわずに、バストアップ体操大胸筋トレーニングなどを日々取り入れ、鍛えていくことによって下垂を防止して、形が崩れないようにできる限りケアをしていきましょう!

 

 

バストアップの決定版!

韓国発!17年の研究の成果が明らかに!大きさ+形も良くなる欲張り機能

エステに行かずに自宅で出来る


← 「日本女性の平均的なバスト」 前の記事  次の記事 「AV女優のバスト」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ