たるみのない大胸筋で、上向きの美しいバストを作る

大胸筋について

もう成長が止まってしまったバスト・・・「今更大きくするなんて、絶対に無理だよ〜」なんて、そんな声が上がるのも当然ですよね。

 

そもそもバストは、思春期に脳下垂体から分泌される成長ホルモンと、それを受け止めるラクトゲン受容体の反応によって大きくなります。
その時期が過ぎれば、バストの成長は止まってしまうというのが摂理です。それじゃあ、バストアップなんて到底無理なんじゃない!と思ってしまいますが、いくつか方法はあるんです。

 

まず忘れてはならないのが、女性には「女性ホルモン」というものがあるという事です。女性ホルモンの分泌は18歳以降、安定期に入りますが、もちろんその働きは続きます。女性ホルモンは、女性らしい体を形成し、乳腺の発達にも大きな影響を与えているのです。
バストの豊かさは乳腺の大きさで決まりますから、常に女性ホルモンが活発に、正常に分泌されるよう心掛ける事がバストアップにも繋がります。また、成長ホルモンをうながすサプリメントなどもあるようですから、まだまだチャンスはありそうです。

 

そして、バストの大きさ自体をアップさせるだけではなく、バストの形の保持も大切な課題です。
バストの土台となっているのが大胸筋です。バストアップというと、どうしてもバストの大きさばかりにとらわれがちですが、大胸筋は胸の筋肉ですから、ここを鍛える事によって、バストの下垂を防ぎ、正に形の良い美乳へと近付く事が出来るのです。

 

たるみのない大胸筋は、上向きの美しいバストを形成します。
大胸筋とそれをつなぐクーパー靭帯(コラーゲン繊維束)・バスト部分の皮膚など、筋肉トレーニングやマッサージでケアし、いつまでも綺麗な形のバストを目指しましょう!

 

 

シークレットヴィーナス


次の記事 「クーパー靭帯について」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ

大胸筋について - 鍛えることで上向きの美しいバストを作る関連ページ

クーパー靭帯について
バストを支える大切な役割を果たしているのがクーパー靭帯です。これはバストの表面と乳腺を繋いでいる組織です。バストの下垂の問題にも大きく関わっています。これが切れてしまったり、衰えてしまったりすると残念ながら元には戻りません。普段からマッサージやトレーニングはもちろんですが、運動時にはスポーツ専用ブラ、睡眠時はナイトブラを使用するなどし、激しいバストの揺れを防止してあげることが非常に重要になります。