大胸筋やクーパー靭帯とバストの関係を理解して効率的にバストアップ

バストの仕組み

 

大きなバストもあれば小さなバストもあり、みんな形も様々!という訳で、今回はバストの構造についてお話します。

 

バストは大胸筋という筋肉に支えられています。いわば、大胸筋はバストの土台の役目。また、バストをつり上げる役割をしているのが、コラーゲンの繊維束であるクーパー靭帯です。そして、バストの上部の皮膚も、バストを持ち上げて維持する重要なポストを担っています。

 

 

そしてバストの中身ですが、みなさんも良く耳にする乳腺とバストの形や丸み・張りを形成し、乳腺を保護する乳腺脂肪体から出来ています。乳腺脂肪体とは、いわゆる脂肪の事、皮下脂肪の事です。乳腺はお乳を分泌する部分であり、硬くてコリッとしています。

 

実はバストは9割が脂肪で1割が乳腺で構成されているんです。乳腺の発達があれば、それと共にその脂肪の量も増えてゆきます。
そして脂肪が増えれば、そのままバストも大きくなるという仕組みなのです。つまり、乳腺が発達している人ほど、豊かなバストの持ち主だと言う事が出来ます。

 

思春期の成長ホルモンの分泌が止まってしまってから、この乳腺と乳腺脂肪体の発育を担うのは、女性ホルモンの仕事になります。女性ホルモンは成人を過ぎ、分泌が安定期に入ってからもまだまだ働き続け、乳腺などへも影響を与えます。
ですから、我々はその女性ホルモンが正常にバランス良く分泌されるよう、常にイキイキとした規則正しい生活リズムを持たなければなりません

 

バストの仕組みが分かると、バストアップに励むのももっと楽しくなりますね!


← 「バストの悩み」 前の記事  次の記事 「バストと乳腺」 →

バストの仕組み - バストの構造を理解して効率的にバストアップ記事一覧

大胸筋について - 鍛えることで上向きの美しいバストを作る

もう成長が止まってしまったバスト・・・「今更大きくするなんて、絶対に無理だよ〜」なんて、そんな声が上がるのも当然ですよね。そもそもバストは、思春期に脳下垂体から分泌される成長ホルモンと、それを受け止めるラクトゲン受容体の反応によって大きくなります。その時期が過ぎれば、バストの成長は止まってしまうとい...

≫続きを読む

クーパー靭帯について - バストを支えるコラーゲン繊維束

バストの下垂に関わっているのが、大胸筋という筋肉であることは皆さんご存知のことだと思います。大胸筋はバストの土台となる大変重要な筋肉です。大胸筋の衰えは、バストの下垂を進ませてしまい、そのまま放置してしまうとしぼんだ印象の淋しいバストになってしまいます。そうならない為にも、常に大胸筋を意識した生活を...

≫続きを読む

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ