変形をしない不自然な形のバストは豊胸手術をしたと疑われる

豊胸手術をしたことが疑われる場合

「豊胸手術って、バレないのでしょうか?」バストアップに興味のある女性なら、誰でも一度は思う疑問ですよね。どんなに大きく豊満なバストになっても、周りから簡単にわかってしまうようでは…と思いますよね。

 

AV女優を見ているとあまりにキレイなバストの持ち主がいます。美乳ゆえ、整形を疑ってしまうこともあるでしょう。
なかなか真実はわかりませんが…本物だったら、美しすぎるためにそんなことを思われて、本人にとってはいい迷惑ですよね。

 

しかしながら、豊胸手術を疑われてしまうまたは、間違いなく豊胸手術だと思われてしまういくつかのバストのパターンがあります。
脂肪注入法などでも、バストが部分的に固くなってしまうような場合もあるようですが、今回はバッグ挿入法における豊胸が疑われやすいケースについてお話してみたいと思います。

 

1番目に付きやすいのが、脇の下辺りにある小さな手術跡です。
最先端の美容整形医療技術でありますが、このわずかな手術跡は完全に消すことはできないようです。
また、仰向けになっても全く変形しないというのも、多少不自然さがあります。
バストが大きければ大きいほど、引力の法則で多少なりとも左右に流れるのが通常です。しかし、全く形が崩れないのは少し不自然ですね。

 

そして、ブラジャーをしていないのにバストが前にせり出すように盛り上がっていたり、体型(特にアンダーバスト)に対して、明らかにバストの大きさがアンバランスだったり、感触が自然でなかったりとこれらの状態から整形を疑われることもあります。
豊胸手術は、終わってからもアフターケアが大変重要であり、これらのような周囲の反応なども長く続いていくものですから、全てを熟考した上で決断して欲しいと思います。

← 「豊胸手術とレントゲン」 前の記事  次の記事 「バレない豊胸手術方法は?」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ

豊胸手術をしたことが疑われる場合 - 手術跡が残ってしまっている関連ページ

豊胸手術とレントゲン
最先端の豊胸手術は魅力的なボディラインを作り出すことができます。思い切って手術に踏み切る方もいると思いますが、やはり手術後に起こるかもしれない出来事で頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。健康診断などのX線、レントゲンで豊胸手術のバッグが映ってしまうのか、診断において「異常あり」と判断されてしまうのか…不安と疑問がありますね。シリコンバッグを入れているとうっすらと映ってしまうようです。
バレない豊胸手術方法は?
豊胸手術をしたことは、やっぱりバレたくないですよね。バッグ挿入で豊胸手術をする場合、形が変わらない不自然さ・バランスの悪さ・手術跡などから、手術をしたことが悟られてしまいます。周囲から分かりにくい豊胸手術としては、ヒアルロン酸注入法がオススメです。傷跡を残さずに済みますし、水分の保持力が非常に高いのでプルプルした潤いのある美バストの形成に最適です。触り心地もとても自然な仕上がりです。