豊胸手術後のレントゲンに対する不安…

豊胸手術とレントゲン

 

グラビアアイドルなどが「豊胸手術を受けているのか、いないのか?!」といった話題になることがありますね。
彼女たちはあくまでお仕事でもあります。しかし、現代の最先端豊胸手術は大変優れたものです。豊胸手術を施すことによって、さらに魅力的なボディラインを作り出すことができます。ですから、思い切って手術に踏み切る人もこれからの時代、少なくないかもしれません。

 

手術の痛みに耐えたり、術後のマッサージなども必要ですが、それらを全て乗り越えた時、手に入れた美しいバストを眺めて本当に幸せな気持ちになれるでしょう。
しかしながら、この後に起こることで頭を悩ませてしまう人もいるのです。

 

それは、健康診断などで使用されるX線、いわゆるレントゲンです。
レントゲンに豊胸手術のバッグが映ってしまうのか?診断において「異常あり」と判定されてしまうのか?といったように、切実な疑問があります。

 

肺などのレントゲン写真を受ける際、基本的に知識を持った医師であれば、豊胸手術の医療用バッグ(バッグプロテーゼ)だと識別します。看護師を含め、医療関係者であれば認識ができるようです。
「異常があり」という結果にはならないと思いますが、やはり事前に豊胸手術を受けたことは医師に伝えておいた方が賢明です。
医師には守秘義務がありますし、万が一のことに備えてもあらかじめ話をしておくべきでしょう>。

 

医療用豊胸バッグのバイオセルは、水に近い成分なので単独ならレントゲン写真には映らないようです。しかし、それを包んでいるシリコンはうっすらと映ってしまうようです。

 

このように豊胸手術を行った後のことも考えなければなりません。検査などで通達の必要性も胸に留めておきたいですね。


レントゲンの心配がない豊胸方法!!

 

豊胸手術を行おうと考えている方が不安に思っているのはレントゲンなどにシリコンバッグが映ってしまうことではないでしょうか。健康診断なんかを定期的に受けている方は心配ですよね…。
しかし、別の豊胸方法「脂肪注入」や「ヒアルロン酸注入」の方法であれば、レントゲンに映り込むようなことはありません。そういった方法の中でも、脂肪注入法を超えた「コンデンスリッチ豊胸」なら健全な脂肪のみの注入になるので、脂肪注入による石灰化を予防することもでき、キレイなバストを作ることができます。

 

脂肪幹細胞注入を超えた、新・バスト美容【コンデンスリッチ豊胸】

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ

豊胸手術とレントゲン - 豊胸のバッグは映ってしまうのか?関連ページ

豊胸手術をしたことが疑われる場合
豊胸手術を疑われてしまう、または、間違いなく豊胸手術だと思われてしまうバストのパターンがあります。目に付きやすいのは、脇の下辺りにある小さな手術跡です。最先端の美容整形技術でも、わずかな手術跡は完全に消すことはできないようです。また、仰向けになっても全く変形しないバストも、不自然さがあります。そして、ブラジャーをしていないのにバストが前にせり出すように盛り上がっている場合も不自然なので疑われます。
バレない豊胸手術方法は?
豊胸手術をしたことは、やっぱりバレたくないですよね。バッグ挿入で豊胸手術をする場合、形が変わらない不自然さ・バランスの悪さ・手術跡などから、手術をしたことが悟られてしまいます。周囲から分かりにくい豊胸手術としては、ヒアルロン酸注入法がオススメです。傷跡を残さずに済みますし、水分の保持力が非常に高いのでプルプルした潤いのある美バストの形成に最適です。触り心地もとても自然な仕上がりです。