深刻なバストトップの悩みの一つ「陥没乳首」

陥没乳首

バストトップに関する悩み…なかなか言いにくいことでもあり、周りに相談できなかったりしますよね?
乳首の部分が陥没したようになっている陥没乳首もそんな深刻な悩みの一つです。

 

陥没乳首には真性と仮性の2種類があります。刺激を与えることで乳首が出てくるものを仮性、刺激を与えても陥没したままのものを真性といいます。
真性では、赤ちゃんへの授乳時などに影響のある場合(授乳障害)があります。
手術をして陥没を引き出す方法があります。その場合、乳管を切り離すか残しておくかがケースによって異なります。

 

美容機器としても様々な補助的アイテムが発売されています。
中には医療現場で実際に使用されているものもあり、製薬会社が製造・販売しているものもあります。
陥没の程度により、軽度のもの・少し陥没の強いものなどといったように、自分の悩みに合ったタイプのものが選べます。

 

乳首吸引器 ドリームチャームアジャスト YMO-61

画像をクリック

 

ブラジャーの上から見てもわからない程度の大きさの乳首を吸引する器具を乳首周りに装着します。実際の使用方法としては、1ヶ月ほどそれを付けたままにしておきます。
ソフトなゴムのような感触で痛くなりにくく、小さな吸引器なので大きな抵抗感もなく使うことができます。
1日に数回、吸引器を外して、乳首のマッサージを行います。これを行うことで、より効果的になるのです。3ヶ月を1つの目安として使用して下さい。

 

 

 

陥没乳首でお悩みの方は手術をする前に一度試してみるといいでしょう。

次の記事 「乳首のムダ毛」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ

陥没乳首 - 深刻なバストトップの悩みの一つ関連ページ

乳首のムダ毛
乳首は普段人に見せない場所ですが、やっぱり気になる部分ですよね。元々個人の毛量にもよりますが、乳首の周りにもムダ毛は生えるものです。乳首のムダ毛を処理する場合、敏感な場所なのでなるべく毛抜きなどは避けた方が良いです。肌トラブルにも発展しやすいので、除毛をするのがオススメです。また、最近では医療脱毛やエステ脱毛も行われています。痛みもなくスピーディーに施術ができます。