大胸筋を鍛えてバストアップと共に、形の良いバストを作ろう

大胸筋トレーニング

どんなに素晴らしいエクササイズでも、難しかったり、ハードだったりするものは続きませんよね?エクササイズは続けなければ意味がありません
豊かで美しいバストは、年月をかけてつくられるもの。気長な気持ちを持ちながらも、強い継続力を持って、毎日実践していきたいですね。

 

腕立て伏せ

バストアップ運動といえば、大胸筋を鍛えるものが中心です。
そこで、効果的な筋トレが腕立て伏せです。あまりにメジャー過ぎるので、真新しさはありませんよね。でも、バストアップには大変効果的なトレーニングになります。腕立て伏せ程、ダイレクトに大胸筋へ働きかける運動は他にないはずです。
少ない回数からでも構いません。腕立ては苦手だからどうしてもできないという方は、膝をついた状態でも構いません。とにかく、バストに気持ちを集中させ、大胸筋を意識しながら、働きかけるように行ってください。

 

激しすぎる運動は女性ホルモンに影響を与える場合もあります。
無理をせずに、自分のペースで行いましょう。

器具

バストアップには様々な方法があります。しかし、健康的で美しい体造りの為にも大胸筋を鍛えるエクササイズは大変オススメです。
サプリメントなどで女性ホルモンを補うバストアップ法もありますが、大胸筋トレーニングなら自分の体一つで崩れないバストを形成することができます。

 

大胸筋はバストの土台となる大切な役割をしています。大胸筋の衰えは、バストの下垂に繋がってしまいます
バストが垂れてしまうと女性らしく美しいはずのデコルテラインもとても寂しいものに見えてしまいます。是非、日頃から大胸筋を意識してトレーニングするようにしましょう。

 

大胸筋を鍛えるには、アコーディオン運動が1番です。
アコーディオンを弾くような感覚で、両手を両側から近づけ、ちょうどバストの前辺りで合わせた手のひら同士に力を入れ、押し合う運動です。
自分の手のひら同士を合わせる方法だと「なかなか上手く力が入らないわ!」という人もいるはずです。そんな人には、エクササイズ器具の使用をオススメします。

 

このアコーディオン方式のバストアップ器具は、通販などで時々販売されています。アコーディオンそっくりな形で、左右から押して、トレーニングするものやグリップが両側に付いているので、それを握りながら中央に寄せるもの、円盤を中央に向かって寄せながら押すものとどれも要領は同じです。

 

バストアップ専用ですからとても使いやすいですよ。ご自分にピッタリ合ったトレーニングアイテムを是非、探してみて下さいね!

マッサージ

大胸筋を維持することで、間違いなくバストの下垂を防ぎ、形の良いバストを保つことができます。
大切な大胸筋を守るために、詰まりをなくし、血行を促進させるマッサージ方法を紹介します。

  1. 手のひらをパーにします
  2. 親指以外4本の指同士をくっつけます(L字のような形)
  3. その形のまま、指4本が下になるように、脇の下を挟みます(親指は肩の上あたりにある状態)
  4. 親指に特に力を入れながら、脇の下からバストの方向へ向かって、筋肉を揉み解すように動かしています。

← 「バストアップ体操」 前の記事  次の記事 「お手軽マッサージ」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ