バストの大きさは遺伝だけで決まる訳ではない

遺伝について

バストの悩みは本当に尽きないものです。
小さい胸なら胸で、それは大いに悩むでしょうし、グラマーバストさんには下垂の心配があります。
また、バスト自体の形・張り・やわらかさ・乳首の形や色までも女性たちを悩ませ続けるものなのです。全く、女神の象徴はやっかいなものです。

 

バストの大きさが遺伝によるものなのかどうか良く話題になります。親子なら体型も似るし、遺伝なら仕方がないと諦めてしまいがちです。
しかしどうやら、バストの大きさは遺伝だけで決まる訳ではないようです。バストの大きさを決定する決め手となるのが、乳腺と呼ばれるもので、この大きさが大きければ大きいほど、豊かなバストになるということなのです。

 

また、乳腺脂肪体(皮下脂肪)というものが乳腺の周りに付いており、常に乳腺を保護してくれていて、バストの張り・丸みや形に大きく影響しています。
この乳腺と乳腺脂肪体が正にバストアップの鍵となっているわけです。

 

これらの発達に必要となるのは、何も遺伝的要素だけという訳ではないのです。
成長期の食事や生活リズム・精神的なストレスなどが大いに関わっています。このような環境下、女性ホルモンが不足すると肝心の乳房にまで、要となる女性ホルモンが行き届かずに、未発達のバストのまま…という結果になってしまうというのです。

 

もちろん、親から受け継いだ体質なども関連はあります。
成長期の不規則な食事や乱れた生活スタイル・心の問題などは、バスト発達に大きな影響を与えているということなのです。

 

 

ラグジェプエラリア400


次の記事 「バストが小さい理由」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ

遺伝について - バストの大きさは遺伝だけで決まる訳ではない関連ページ

バストが小さい理由
バストのサイズは遺伝に左右されるという要素もあるので否定することはできませんが、バストのサイズは完全に遺伝だけの影響で決まるわけではありません。バストの大きさは思春期に分泌される「成長ホルモン」によって左右されます。思春期に成長ホルモンの分泌が不十分であると、バストの膨らみも十分ではないまま止まってしまいます。また、同様に分泌される女性ホルモンの量も少ないと豊かなバストを形成することができません。