バストアップをするためには乳腺を発達させて、数も増やすことが必要

乳腺について

バストの9割が乳腺脂肪体という皮下脂肪で、残りの1割が皆さんご存知の乳腺によって作られています。
バストの大きさを決定するのは、乳腺の大きさと多さによります。乳腺なくして、バストアップは実現不可能なんです!

 

9割が皮下脂肪というバストの内部ですが、バストの大きさを決めるのはあくまでも乳腺です。つまり、脂肪分をたくさん食べたり、身体に脂肪を付ければ胸が大きくなるかといったらそうではありません。
乳腺自体を発達させ、数を増やしていくことが大切なのです。脂肪の役割は乳腺を守ることなんです。確かに見てみると乳腺を優しく保護するように、脂肪が周りを取り囲んでいます。

 

20個くらいの乳腺葉と呼ばれるものが集まって乳腺を形成しています。乳腺葉は乳腺小葉が集めってできています。
乳腺小葉は腺房というものが集まってできており、腺房は線胞と呼ばれる組織が集まってつくられているのです。乳腺もなかなか奥深いですね。

 

乳腺を発達させるには、女性ホルモンの分泌を正常にバランス良く、また活発に分泌させてあげることです。
食品からの摂取ですとやはり、大豆製品は欠かせないでしょう。女性ホルモンを活性化するといわれるプエラリア・ミリフィカ、ボロンなどのサプリメント食品を摂ったり、ジェルやクリームを使用してみたりして下さい。また、体のツボを刺激したり、マッサージや運動を続けることも女性として重要なことです。
規則正しい生活と食事、睡眠は何よりも女性ホルモン活性化への近道になります。

 

 

ラグジェプエラリア400


← 「バストの仕組み」 前の記事  次の記事 「バストとボディバランス」 →

バストと乳腺 - 乳腺を発達させ、多く増やすことでバストアップになる記事一覧

遺伝について - バストの大きさは遺伝だけで決まる訳ではない

バストの悩みは本当に尽きないものです。小さい胸なら胸で、それは大いに悩むでしょうし、グラマーバストさんには下垂の心配があります。また、バスト自体の形・張り・やわらかさ・乳首の形や色までも女性たちを悩ませ続けるものなのです。全く、女神の象徴はやっかいなものです。バストの大きさが遺伝によるものなのかどう...

≫続きを読む

バストが小さい理由 - 成長ホルモンがバストの大きさを左右する

「どうして私の胸は小さいの…?」というような素朴な疑問にズバリお答えします!!「バストの大きさは遺伝だから仕方がない…」なんて言う人がいますよね。確かに、若干ですが遺伝というのはバストのサイズを左右する要素としてあるところでもあります。体型や体質などは、遺伝による影響というのが非常に大きいので、否定...

≫続きを読む

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ