バッグ挿入法・脂肪注入法・ヒアルロン酸注入法・光豊胸

豊胸手術の種類

現代の最先端医療技術により、多種多様な豊胸手術があります。

 

昔から知られているものとしては、やはりバッグ挿入法があるでしょう。現在では、その人の希望や体型に合わせ、様々な医療用バッグ(インプラント)が選べるようになりました。
バッグの形も丸型、つりがね型、アシンメトリー型などがあって、より自然な印象のバストアップが期待できます

 

とにかく小さい胸を豊かにしたい、垂れてしまった胸を元に戻したい、この2つのケースでは手術方法が変わります。
メスを入れる手術となりますので、ある程度の痛みを伴います。また、レントゲン検査時には、医師に豊胸手術をしたことを伝えなければなりません。アフターケアも大変重要です。

 

太ももやお腹など自分の余分な部分の脂肪を吸引し、バストへ注入する脂肪注入法や水分保持力が最も高いといわれるヒアルロン酸をバストへ注入する、SUB-Qなど画期的な豊胸手術もあります。
しかし、脂肪注入法はバストへの定着率の問題があります。また、ヒアルロン酸注入法には豊満な状態を維持できる期間の問題があります。もちろん、どちらも施術後のトリートメントが必要です。

 

 

最近では、光豊胸という施術法も登場しています。可視光線や遠赤外線などの波長を利用し、バストの脂肪細胞を活性化させることを目的とした美容機器によるものです。
メスを使わないので、近年、大変注目されている豊胸法です。しかし歴史が浅く、まだ確実な効果があるとは言い切れません

 

どれも一長一短ありますから、よく調べてから行動に移したいですね。

豊胸

 

← 「豊胸手術のリスク」 前の記事  次の記事 「コンデンスリッチ豊胸」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ