女性ホルモンの分泌の増加は豊かなバストを形成する

バストと女性ホルモン

女性ホルモンとは卵巣から分泌されるホルモンの事。
女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンというものがあります。

 

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、女性生殖器の発育を担っていて、他にも色々女性らしい体づくりのお手伝いをしてくれています。
プロゲステロンは黄体ホルモンとも言い、子宮の中で受精卵が着床しやすいような環境を作ったり、妊娠に関わる機能を担ってくれています。

 

女性ホルモンは女性らしさを形成する上でなくてはならない存在です。
この2つのホルモンがバランス良く、正常に分泌される事で、女性らしい体を維持する事が出来るのです。

 

子供の頃はごく少量しか分泌されませんが、8歳くらいから次第にその量が増え、18歳くらいまでは増え続けてゆきます。
その後は分泌もその働きも安定期へと入ってゆきます。

 

そんな大切な役割を持つ女性ホルモンですが、もちろんバストとも大いに関係があります。女性ホルモンは、皮下脂肪を蓄積したり、丸みを帯びたラインを生み出したりします。常に女性のボディ作りに関わっていますが、乳腺の発達にも大きく影響をしています。
女性ホルモンの分泌が増えれば、バストへの働きかけが大きくなります。つまり、乳腺と乳脂肪が増え、豊かなバストを形成してゆくのです。

 

それゆえ、バストアップの為に、女性ホルモンの働きに似た成分のサプリメントプエラリア・ミリフィカや大豆など)が愛飲されているのですね。
また、女性ホルモンは食事や生活スタイル、精神的なものにも左右されやすいデリケートなもの。バストと美しいお肌の為にも、毎日をイキイキと過ごしたいですね!

 

 

プエラリア99


次の記事 「女性ホルモンを増やす」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ

バストと女性ホルモン - 乳腺を発達させ、豊かなバストを形成する関連ページ

女性ホルモンを増やす
バストアップに必要なホルモンの一つ、女性ホルモンは18歳くらいから安定期に入り、基本的に量が増えません。女性ホルモンはバストアップに大いに関係しています。乳腺の働きをより活発にしてくれる力を持っているからです。女性ホルモンを増やす方法には、大豆製品やサプリメントの摂取などが一番手軽ではありますが、実は精神的なことも大きく影響しているのです。イキイキとした女性は、女性ホルモンがいつも満ち溢れてます。