睡眠中はホルモンの分泌が増えるのでバストアップに重要

バストと睡眠

よく「寝る子は育つ」とか「寝ている間に骨が伸びる」などといわれることがありますが、これって実は真実なんですよね!
何故かというと、成長ホルモンが分泌されているのは、寝ている間が1番多いからなんです。

 

成長ホルモンは思春期に分泌され、ラクトゲン受容体というものと反応し合い、それが十分なものであれば、バストは豊かに膨らみます。
しかし、睡眠不足であったり、不規則な生活で精神的なストレスなどが多いと成長ホルモンの分泌も少なく、バストの膨らみも不十分なままで止まってしまうのです。ラクトゲン受容体がきちんと形成されていれば、大人になってからもサプリメントを利用するなどとして、成長ホルモンの分泌を促進することができます。

 

また、女性ホルモンの分泌も睡眠中に活発になります。特に、深い眠りの状態であるノンレム睡眠の時に多く分泌れされるということです。
時間帯で言えば、22:00〜2:00くらいまで。この4時間の睡眠は、バストにとっても、お肌にとっても大変重要なものとなるわけです。
夜も色々忙しく、なかなか早く寝れないかもしれませんが、22:00くらいには寝れるようにできたら最高ですね!

 

こうして見てみると、いかに睡眠がバストや女性の体にとって大切なのかということがわかりますね。
寝不足や夜更かしは、女らしさの源である成長ホルモンや女性の分泌を自ら妨げているということ。
せっかくの女性らしい体造りの時間ですから、たっぷりと睡眠をとって、明日からの美乳・美肌に備えたいですね!

 

 

シークレットヴィーナス


← 「ラクトゲン受容体」 前の記事

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ

バストと睡眠 - ホルモン生成は睡眠中に活発になる関連ページ

ラクトゲン受容体
ラクトゲン受容体というのは、バストアップについて勉強をしていくと良く見かける言葉です。ラクトゲン受容体は、15歳前後で体内に作られると言われています。ラクトゲン受容体は成長ホルモンにとって、なくてはならない大切な存在です。ラクトゲン受容体が一度体内にできていれば、成長ホルモンの分泌を活発にしてあげることによって、大人になってからでもバストアップをすることが可能です。