ラクトゲン受容体が成熟すると、成長ホルモンをしっかり受け取りバストが膨らんでいく

ラクトゲン受容体

ラクトゲン受容体…「そんな言葉聞いたこともない!」という方がほとんどかもしれません。ですが、バストアップについて色々と勉強を深めていくと結構出てくる言葉なんです。

 

ラクトゲン受容体とは、一般的には15歳前後で体内に作られるといわれています。ちょうど成長ホルモン(HGH)の分泌が盛んになる時期で、ラクトゲン受容体はこの成長ホルモンを受け取ることが仕事です。
ラクトゲン受容体がしっかり成熟していれば、成長ホルモンを受け取ることができ、反応を起こします。その結果、バストが膨らんでいくのです。
ラクトゲン受容体は成長ホルモンにとって、なくてはならない大切な存在です!

 

成長ホルモンは18歳以降になると急激にその分泌量は少なくなります。それに対して、ラクトゲン受容体が体内にできる時期にはばらつきがあります。30歳くらいになってできる人もいるのです。
成長ホルモンとラクトゲン受容体2つがあって初めて、バストの膨らみに繋がります。つまり、双方の形式時期にズレが生じたままだとバストアップは望めないのです。
ちなみに、一生涯ラクトゲン受容体ができない人もいます。

 

しかしながら、ラクトゲン受容体が一度体内にできていれば、成長ホルモンの分泌を活発にしてあげることで、大人になってからのバストアップも可能だということです。
でも、「今更成長ホルモン?」と思う方もいるでしょう。成長ホルモンを促すためのサプリメントや定期的なエクササイズ、規則正しい生活・食事、それからたっぷりの睡眠など、今からでも成長ホルモンの分泌を助けることは十分に可能です!
青春時代に戻ったつもりで、初々しい生活を始めてみましょう。

 

 

ラグジェプエラリア400


次の記事 「バストと睡眠」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ

ラクトゲン受容体 - バストの膨らみに繋がる大切な存在関連ページ

バストと睡眠
成長ホルモンが分泌されるのは、寝ている間が一番多いです。睡眠不足やストレスなどが多いと成長ホルモンの分泌も少なく、バストの膨らみも不十分なまま止まってしまいます。女性ホルモンの分泌も睡眠中活発になります。特にノンレム睡眠の時に多く分泌されているようです。このように、睡眠を取ることは、バストや女性の体にとってとても大切なことだということが言えます。美乳や美肌のためにも、たっぷりと睡眠を取りましょう。