ラクトゲン受容体が成熟すれば、成長ホルモンが反応を起こしてバストアップにも期待

成長期

思春期は1番成長する時期です。バストも例外ではありません。しかし、全ての女性が豊かなバストを手に入れることができるわけではありません。人生を巻き戻すことはできませんが、バストを育てるには一体、どうしたら良かったのでしょうか?
小さいお子さんがいらっしゃる方や将来お母さんになる予備軍の女性たちにも、気になる話題かもしれません。自分の子どもにはこのご時世ゆえ、ハリのある豊かなバストになって欲しいと願う方も多いはずです。

 

思春期の女性のバストが成長を始めるのは、平均して12歳前後だといわれています。脳下垂体から分泌される成長ホルモン(HGH)が、乳腺の中にあるラクトゲン受容体というものと反応し合い、バストが膨らみ始めます。
しかし、この大変重要な時期に、過度のストレスを抱えたり、食事が不規則で生活が乱れたりすると、バストの成長過程に大きな影響を与えてしまいます。成長ホルモンがバランスを崩し、正常な分泌が行われない状態となります。バストの膨らみも不十分なまま、止まってしまいます。
バストの育成にはもちろん、女性ホルモンも大きく関わっています。しかし、成長期のバストは、成長ホルモンなくしては語れません。

 

十分に発達した、栄養の行き届いたハリとボリュームのあるバストに成長させてあげる為に、思春期の生活には十分に注意を払うことが何より大切です。
バストの大きさは、体型など遺伝的な要素もゼロではありません。しかし、それ以上に成長期の生活スタイルがカギを握っているのです。

 

 

ラグジェプエラリア400


← 「バストケア」 前の記事

成長期のバスト - 成長期の生活習慣がバストの成長に影響する記事一覧

ラクトゲン受容体 - バストの膨らみに繋がる大切な存在

ラクトゲン受容体…「そんな言葉聞いたこともない!」という方がほとんどかもしれません。ですが、バストアップについて色々と勉強を深めていくと結構出てくる言葉なんです。ラクトゲン受容体とは、一般的には15歳前後で体内に作られるといわれています。ちょうど成長ホルモン(HGH)の分泌が盛んになる時期で、ラクト...

≫続きを読む

バストと睡眠 - ホルモン生成は睡眠中に活発になる

よく「寝る子は育つ」とか「寝ている間に骨が伸びる」などといわれることがありますが、これって実は真実なんですよね!何故かというと、成長ホルモンが分泌されているのは、寝ている間が1番多いからなんです。成長ホルモンは思春期に分泌され、ラクトゲン受容体というものと反応し合い、それが十分なものであれば、バスト...

≫続きを読む

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ