タバコに含まれるニコチンは、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌を妨げます

バストとタバコ

タバコを吸う女性にとっては耳が痛い話になってしまいますが、やはりタバコはバストアップに良い影響は与えません
もちろん、タバコにおける健康への影響などについては喫煙の女性ならばある程度はご存知だと思います。
今回はバストアップに焦点を絞ってお話をします。

 

せっかく様々なバストアップ法を実践し、努力しても喫煙によりそれを台無しにしてしまう可能性が強いのです。
それは、タバコに含まれるニコチンが原因となります。ニコチンは健康へ害を及ぼすだけではなく、女性ホルモンの分泌を妨げる作用があります。
女性ホルモンは女性らしい体の形成やバストの大きさを決定する乳腺などに大きな影響を与えるものです。

 

女性ホルモンがバランス良く正常に分泌され、はじめてバストアップを行う準備が整うわけです。今度はそこからいかに、女性ホルモンが活発に分泌されるか色々工夫したり、努力をしたりするのがバストアップです。
そんな重要な役割を果たす女性ホルモンの働きを妨げてしまうというニコチン…やはりお勧めできません。

 

現代社会においては限りないストレスが日々生まれ、女性の生き方も多様化し、迷うことも多いでしょう。
ついついタバコに頼ってしまいたくなる時もあるかもしれませんが、美肌やバストアップのことを考え、なるべく早い時期に止める方向で動き出せたらいいですね。
好きなものを止めることは非常に辛いことです。しかしながら、タバコは止めることで得るものが本当に多いですから、禁煙できるように努力しましょう。

 

 

ラグジェプエラリア400


← 「バストとカフェイン」 前の記事  次の記事 「バストとダイエット」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ