冷え症はバストアップの大敵!!揉みほぐして温めてあげることが大切

バストと冷え

冬になると冷え性の人や凝り性の人は辛いですね…女性にとても多いですよね。
ただでさえ血流が滞りやすいところに冷えにより、さらに流れが悪くなってしまいます。もちろん、冷えた体はバストにも悪影響を及ぼします。

 

バストは9割が乳腺脂肪体という皮下脂肪で、残りの1割が乳腺でできています。この乳腺の数や大きさでバストの大きさが決まるわけです。バストアップには欠かせない、大切な組織なんですね。
しかしながら、体が冷えて血流が悪くなるとこれら組織や細胞の働きも悪くなり、バストアップどころか冷え切った固いおっぱいになってしまいます。

 

バストアップの為に、日々乳腺の増加や発達を目指して頑張っている女子たちにとって、冷えはどんな時でも大敵
バストが冷たくなってしまわないように、冬になる前からしっかり対策を練ってあげましょう!

 

最近は体を温めて自己免疫力を高めるですとか、病を治療するなどという書籍も良く目にします。しかし、やはり体を冷やさない、体を温めるということがいかに重要かということですよね。
バストも同様、入浴時にはゆっくりお風呂に浸かって、マッサージしながらよく揉みほぐして温めてあげて下さい。

 

日常生活の中でバストが冷えてしまったかなと感じた時は、蒸しタオルをあててあげるといいでしょう。
タオルを水に浸して軽く絞り、電子レンジでしばらく温めれば、ホカホカした蒸しタオルの出来上がりです。
もちろん、バストだけでなく、首凝りや肩凝りなどにも効果を発揮してくれます。
簡単に冷え防止ができますから、ぜひ寒い季節は蒸しタオルを存分に活用してみて下さい!

 

 



← 「バストとストレス」 前の記事  次の記事 「バストとカフェイン」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ