カフェインがバストの脂肪を分解してしまう

バストとカフェイン

「コーヒーなしではいられない!」そんな現代女性も多いのではないでしょうか?「目覚めの一杯は絶対にコーヒー!」なんてよく聞きますね。

 

そんな人気者のコーヒーですが、カフェインという天然由来の有機化合物が含まれています。このカフェイン、中枢神経を興奮させる作用があり、眠気を吹き飛ばしたり、倦怠感をなくしてくれたりする作用があります。だから「夜、寝る前にコーヒーを飲んではいけない」なんて言われるんですね。
また、筋肉を収縮させる作用もあるようで、疲労回復にも効果的です。

 

しかしながら、バストアップを考えている人には、あまりカフェインはお勧めできないのです。実は、カフェインには脂肪を燃焼する作用があるんです。
摂取後、約3時間くらいはその効果が持続するといわれます。ダイエット中なら喜ばしいところでもありますが、バストアップを目指している場合、大切なバストの脂肪を分解されてしまうのはちょっともったいないですよね。

 

非常に痩せていて、バストにもほとんど脂肪がなく、コーヒーばかり飲んでいる女性…ちょっと気を付けた方がいいかもしれませんね。
ちなみに紅茶やお茶は、そのカフェインがタンニンと結びつくために効用が穏やかになるといわれています。

 

どちらにしても、カフェイン中毒などという言葉もあるくらいで、カフェインは脳の神経系に少なからず影響を与えるものなので、やはり摂り過ぎは良くありません。
また、美しいバストアップの為にも過剰な摂取にならないように心掛けていきましょう

 

 

プエラリア99


← 「バストと冷え」 前の記事  次の記事 「バストとタバコ」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ