民族が違えば体型が違うのは当たり前

日本女性のバストの歴史について

日本でバストの悩みというと圧倒的に胸が小さいというものが多いです。
「もっと胸を大きくしたい!」、「この貧弱な胸をどうにかしたい」といったバストの大きさに関わるものが大半なのですが、海外の諸事情はちょっと違うようなんです。
日本ではそんな事情から、する・しないは別として、豊胸手術が主流です。
しかしながら、欧米などではバストが大き過ぎるゆえの悩み、「肩凝りがひどくなる」などの身体的な理由から、バストを小さくする手術の方が盛んだというのです。
全く、我々日本人からしたら本当に驚きの事実です。

 

日本人の祖先はもともとシベリアという寒く、冷たい地域に住んでいました。そのような寒さ厳しき地に生きる人種は、身体の凹凸が少なくなる傾向にあるようです。
世界の中でも、バストが小さい人種と言われている日本人。その起源は、祖先の住んでいた場所から、ずっと繋がりがあったんですね。

 

最近では、空前の巨乳ブームも到来し、たくさんのグラビアアイドル・巨乳タレントなどが大活躍しています。
また同時に、日本人女性の体型が徐々に欧米化してきたことにも気付かされます。
しかしながら、こうして我々の祖先の歴史を紐解いた時に、日本人という民族の特徴を快く認めるのもまた、素晴らしいことではないでしょうか?

 

日本女性には日本女性にしかない美しさがあります。民族が違えば体型が違うのは当たり前で、そこにはそれぞれの良さがあります。
自分にないものが欲しくなる、それが人間というものですが、あなたのバストもきっとあなたらしい美しい輝きを放っていると思いますよ。

 

 

プエラリア・ブラックコホシュ等有効成分を高配合!
【贅沢バストアップサプリグラマー】

 

← 「AV女優のバスト」 前の記事  次の記事 「美容整形社会と豊胸手術」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ