美しいバストは大きさだけではなく、ハリを持たせ、垂れを防ぐことが大切

大きいだけではダメ

理想のバストの概念って、本当に色々なものがあると思います。大抵の人は、「もっと大きな胸になりたいっ!」と言いますが、単に大きいだけでも…と思う時があるんですよね。

 

と言うのも、グラビアアイドルとか、若いうちはとにかく大きさで勝負ですが、歳を取って来たらどうなるんだろ〜と、冷静に思ってしまいます。現に、巨乳で大人気だったアイドルを久し振りにテレビで見たら、バストの下垂を感じたと言うか…胸が大きい分、熟女度が大きくなってしまう感じがします。

 

つまり、美しいバストは大きさだけじゃない!形とか、張りが大切なんだと思うのです。特に人間、誰しも歳を重ねてゆくわけですから引力の法則にも逆らうことはできません。そんな中で、バスト自体に張りを持たせる事で、垂れてゆくのも防げるのではないかと思いました。

 

これにはまず、女性ホルモンの分泌が必須です。バストのハリや形を作り出しているのは、乳腺脂肪体という乳腺の周りにある皮下脂肪なのだそうです。この皮下脂肪は、乳腺が発達すればそれと同時に増加してゆくものです。
規則正しい生活や食事・ストレスを溜めないイキイキとした毎日を送る事で、バランスの取れた女性ホルモンが分泌され、乳腺の発育に影響を与えるようです。

 

あとは、大胸筋を鍛えてバストの下垂を防ぐ事も大事ですし、バストの皮膚自体が乾燥したりしていてカサカサだったりすると、もちろんハリなんか出ません。バスト周りの皮膚にも専用クリームを付けるなどして、健やかで美しい状態を保つ事が大切なのです。

 

 

ラグジェプエラリア400


← 「バストと姿勢」 前の記事

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ

大きいだけではダメ - 美しいバストは形やハリが大切関連ページ

バストと姿勢
バストに自信がないことで、隠すようになり姿勢までも悪くなってしまう場合があります。姿勢が悪いと、バストだけでなく、健康面全般にも影響を与えます。姿勢を正すと、バストの土台となる重要な筋肉である大胸筋を活用することになります。大胸筋を活用していくことによってバストアップに近づくことができます。バストアップのためにも、美しい姿勢を意識して日々を過ごすようにすると良いでしょう。