バッグ挿入の豊胸手術

バッグ挿入

昔から1番知られているメジャーな豊胸手術といえばバッグ挿入法です。医療用バッグは、バッグプロテーゼと呼ばれています。
以前は生理食塩水バッグなどが主流でしたが、感触や耐久性などの問題から現在では、より進化した様々なバッグが個々のニーズに合わせて登場しています
たとえば、バイオセルやコヒーシブシリコン、CMCなどが人気です。
それぞれに優れた特徴を持っています。

 

バッグを挿入する箇所は体型などにより異なります。
バストが小さく痩せ型で、脂肪や乳腺が少ない人は大胸筋下法が向いています。これは、大胸筋と肋骨の間にバッグを入れるものです。
小さなバストを形も美しく、大きくすることが可能です。しかし、筋肉の下にバッグを入れるため、多少感覚が固めになるようです。また、大胸筋を切り開いて挿入するため、術後の痛みが伴います

 

元々バストはあったけれど、授乳などにより下垂してしまった人には、乳腺下法が向いています。

乳腺の下にバッグを入れるので、形は多少目立ちます。しかし、自然な柔らかさを保つことができるようになります。こちらもなどを切開して行います。

 

バッグの種類や豊胸方法などについては、個人の体型やバストにもよります。十分なカウンセリングの下、信頼できるクリニックで施術するようにしたいですね
美容整形とはいえ、医療行為であり、手術でもあります。ですから、大切な体を美しく守るために術後のケアなどについてもしっかりとした指導を受けましょう。


コンプレックスを解消!

 

胸が小さいことがコンプレックスで、様々なバストアップグッズを使用してみました。
色々試したものの、何をやってもそんなに効果は表れず・・・限界だと思い病院へ相談に行ってみました。
初めてだったので、ちょっとした恐怖心はあったのですが、あっという間に終わってしまい、驚きました。今では胸を張って街を歩いてます!

もっと詳しく知りたい方はコチラから

← 「コンデンスリッチ豊胸」 前の記事  次の記事 「脂肪吸引」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ