適度な有酸素運動は女性ホルモンの分泌を活性させる

バストと有酸素運動

有酸素運動とは、ジョギングなどの体内にしっかりと酸素を取り入れながら、ゆっくりとなるべく長い時間をかけて運動をすることです。
すぐに息が上がってしまうようなペースではなく、走りながら会話ができるくらいがっちょうどいいなどともいわれています。

 

有酸素運動は、脂肪が燃焼するのを助け、適度な筋肉強化にも役立ちます。ダイエットにも効果的で、最近美しい女性ランナー、美ジョガーも増えていますよね。スイミングなども有酸素の全身運動になります。

 

 

有酸素運動では血行が良くなるので、老廃物が排出され、新陳代謝が非常に良くなります。それに伴い、女性ホルモンの分泌も活発になってきます。
それは顔のお肌だけではなく、ボディやバストにとってもとても大切なことです。
健康的な体と弾力のあるプリッとしたバストは、適度な運動から生まれます。バランスの取れたボディ造りの為にも、日常生活の中に適度な有酸素運動を取り入れたら良いでしょう

 

しかしながら、過度な運動やトレーニングでは、脂肪を燃やし過ぎてバスト自体は小さくなってしまう場合があります。
女性アスリートにスリムなバストの方が多いのはそのせいでもあるでしょう。
バストの大きさを保ちたい場合は、激しい運動を避け、あくまでゆっくり・長く続けられるものを選びたいですね。

 

アンチエイジング・老化予防にもなる有酸素運動。
みずみずしいボディやバストの為、そして運動不足による病気を予防するためにも絶対にお勧めですよ。

 

 

プエラリア99


← 「バストとダイエット」 前の記事  次の記事 「日本女性の平均的なバスト」 →

 
プエラリア99
ハリウッドテープブラ